老人ホーム入居時の注意点とさまざまな問題点

有料老人ホームの問題点
有料老人ホームをめぐっては、増加に伴って、様々な問題が浮上してきています。
ここではその問題について、少し詳しく紹介いたします。今後の有料老人ホーム選びに少しでも役に立てればと思います。

有料老人ホーム増加に伴う問題点

有料老人ホームの増加に伴って、さまざまなトラブル、問題点が、増えています。その内容は費用から施設での人間関係までにおよびます。

現在の問題点を知ることで、有料老人ホームの実態と入居にあたって注意すべき点を頭に入れときましょう。

費用に関する問題点

有料老人ホームの費用をめぐっては、当初から大きな問題となってきていました。

入居金の金額は有料老人ホームによって様々ですが、中には数千万円という高額の入居金を必要とする有料老人ホームもあります。

この有料老人ホームの入居金をめぐっては、その使い道はどうなっているのか、もし退去するときには返金されると契約書に表記してあっても返金されない、などのトラブルがあります。

医療に関する問題点

有料老人ホームには、病院が隣接していたり、近所に契約している病院があったりするところもあります。

医師が常駐していればまだいいのですが、医師はおらず、看護師が常駐もしくは非常勤で勤務しているというところも、多くあります。そのため、24時間体制で緊急の対応をすばやくするということが出来ません。

建物の構造に関する問題点

  • 有料老人ホームの施設の中には、耐震性において強度が弱いものがある場合があります。

    これは、建築年数によって耐震基準が違うからなのですが、新しい耐震基準になったときに対応する運営費がなく、結局耐震工事をしないままになっている有料老人ホームが多いからです。
ホーム内の人間関係
  • 有料老人ホーム内の人間関係は、狭いものだけに、トラブルが起きるとこじれるケースが多く、大変です。

    もし人間関係が悪くなっても、金銭的な負担を考えると、気楽にやめたり再度有料老人ホームに入居したりすることは難しいものです。そのため、もし有料老人ホーム内で人間関係にトラブルが生じたら、結局ストレスが増えるだけになるということが多くあるので有料老人ホームの選び方として、環境の違いによるトラブルも予期しておく必要があります。

注目サイト

沖縄 ダイビングライセンス

Last update:2017/6/14

Copyright(C) 老人ホーム情報ネット All Rights Resreved.